ci top image stream profile about contact dvd
 
ストックフォトに関わる諸々の近況報告を掲載しています。
2017.6.23
公式ブランドロゴを制作しました!

毎度の手前味噌で恐縮ですが、急遽といいますか思いつきといいますかこのほど当サイトDEGIGA.JPブランドに新たに公式ブランドロゴマークを制作し表示させて頂きました。ご覧のように上の画像がその新設ロゴマークになります。登録料やら当面の維持費など結構な出費を勘案し今の所公式な商標登録をする予定はありませんが、しかしオリジナルのロゴが有るのと無いのでは今後のブランド力認知(ブランディング)に大きな差異が生じると判断し兎に角作ってみたというのが正直なところです。

元のブランド文字との位置サイズのバランス関係はその都度臨機応変に変えていくと思いますので、一応は概ねこんな感じと思ってもらえれば結構です。

パッと見で記憶に残るかは疑問ですが無いよりは幾分か格好はついた気がします。デザインに於きましてはまずDEGIGAの頭文字『D』を闇雲に様々な発想でイメージするところから始めた訳ですが、線の幅を徐々に変えてグラデーション風に見せる手法やら手書き風の流れる感じ、最近多くの企業で結構使われる小文字利用から『d』も捨て難い気はしましたが、やはりここは大文字でしっかりブランドの重みが伝わる方向でイメージする事にしました。

私の普段制作するCG画像素材・CG動画素材といえば3Dモデリング要素での構成が多く出ていると思っているので、ロゴもなんとか立体に出来ないかと思案しました。ネットプロバイダーでお馴染みのSo-netなどに見られるまさに3D(立体的)表現に挑もうとしましたがかえって鬱陶しさも感じ、むしろそれが切っ掛けとなり思いついたのが平面を仮想に立体化させる事。そして最終的に完成したのがこちらの当最新ロゴマークになります。

『D』を形づくるやや太めの渦巻き状ラインの両端をほぼ45度に斜めにスパッとカットする事で 、あたかも文字を斜め下から仰ぎ見ているかのように感じませんか?斜めカットによって文字に厚みが生まれ不思議なほど立体感が醸し出されました。間を分ける白い境界線が見方によっては文字の角の輪郭をもイメージさせます。

制作一発目としては我ながらまあまあの出来と自負していますがさて如何でしょうか。ブランドロゴという事からやすやす変更もでき兼ねますので、しばらくは当ロゴマークが頻繁に登場してくると思います。これを機に今後ともよりご贔屓頂き合わせて当ブランドを広く伝播頂けますよう切にお願いする次第です。